| m a i n | キスぷれ >>

■ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

■ 男おいどん [文庫版:コミックセット]

「明日のために今日も寝る。今日のために明日も寝る」

九州から上京し定時制の学校に通う大山昇太、通称「おいどん」が四畳半を中心に繰り広げる青春群像劇。

収入源の工場を首になり生活の為に高校を停学しながらもたくましく生きるおいどんにはとても元気付けられるモノがある。
作中おいどんは様々な人間と出会っていくんだけど(大体女、そして美人)だいたいその話の内においどんの元を去ってしまい、残されたおいどんが孤独に眠る。
なんてパターンで孤独を強調して終わる、ギャグ漫画みたいな展開をした後にだよ。
最終回は、復学を果たしてバイトも続けていたおいどんが失踪して終わる、おいどんの行方は分からないままに。

おいどんの行方はきっと、おいどんを読んだ読者の行方なのだろう、そう考えると救われた気がした。

ここは おいどんの四畳半
おいどんが 青春の夢と希望と涙と
いっしょにいるところ
トリさんもいる パンツもある
サルマタケもはえている
守り神も だまって見下ろしている
そうだ ここは おいどんの四畳半…
| - | 03:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

■ スポンサーサイト

| - | 03:35 | - | - |









http://r-g-returns.jugem.jp/trackback/41

+ PROFILE

+ SELECTED ENTRIES

+ ARCHIVES

+ RECOMMEND

+ RECENT COMMENTS

+ RECENT TRACKBACK

+ OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM
-->